QOL(Quality of life)をあげることについて考えていきます

手帳に丁寧な文字を書くと、良いことが起こるのか?(自分の例と今実際使っている手帳の紹介)

(R2.10.18にリライト)

手書き文字、書いてますか?

自分の手で文字を書くことの効用は、

様々なところで語られていますね。

私もその効果を感じ、

はじめブログを書く際にまず手書きで書いて、

その後キーボードで入力するようにしていました。

しかし気付いたらブログの更新も止まり、

その原因を考えてみたところ

手書き文字が雑で下手すぎて、自分が自分のことを大嫌いになってしまった

ということが一因であることに気付きました。

きっかけ

気付きのきっかけは、

職場で字が汚いことを指摘されたためです。

普段から手書きをすること自体が面倒だったし、

字が下手なことと仕事ができないことは

関係ないと思ってました。

しかし仕事上で手書きをせざるをえない場面があり、

自分の知らないところで他人に嫌な思いをさせてしまっていることに気付きました。

反省し、どうしようか考えました。

調べたところ、ハンディプリンターというものがあることが分かり、

買ってみようかと思ったのですが

個人で購入するにはちと高額ですし、

実際その場面でこのプリンターが使えるのかも分かりません。

職場に働きかけて購入してもらうにしても、

文字が下手な自分だけの為にというのは不可能だと思いました

結局どうしたか

字が下手なことを、すぐには改善することが難しいですが、

せめて丁寧に書こうと決めました

はじめてまだ数日ですが、自分の中の変化を感じはじめました

今まで、字を書くたびに、字が下手で嫌だな、という不快感を感じていたのだと気付きました。

不快にさせていたのは他人だけでなく

自分もでした。

今後は、生死に関わる緊急事態でもない限り、

字を丁寧に書いていきたいと思います

そういえば

仕事以外で手書きをしているものの中で、手帳があります。

主に2冊の手帳を使っています

1.永岡書店のシンプル手帳

後ろのメモ部分が方眼レイアウト、180度開く特殊製本がされています。主に仕事で持ち歩き、予定を書いています。この小さいサイズで180度開くというのはなかなかないのではと思います。昨年に続き2冊目、また来年も3冊目使う予定です

2.佐々木常夫手帳

常に自宅に置いておき、日々の記録(筋トレ、資格勉強の記録、起床就寝時刻、食事)や簡単な家計簿として利用しています

これらの手帳について、

個人的にかなり気に入ってはいるのですが、

実は手書きに関する大事件が..

予定に書いてある自分の手書き文字が解読できず、

予定が分からなくなった

ということがあったのです

下手な文字で他人や自分を不快にさせるだけではなく

実害も及ぶようになっていました。

これは改善しなければなりません

機能は素晴らしい手帳なので、

それを汚い字で台無しにしないように

心がけていきたいと思います。

また、それ以上に

手書きの効用を認め、

見返したくなるような文字を書き、

現状を把握することが以前よりも多くでき、

より良い充実した未来の生活に結び付けていきたいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか

私より手書き文字が雑で下手な方はそうそういないと思いますが

うまくはなくてもせめて丁寧な文字を書くことによって

それを見た他人が良い気持ちになるだけでなく、

自分自身も充実した良い気持ちになれることが分かりました。

まだはじめて数日ですが、

きっと良いことが起きていくことでしょう!

今後ともレポートを続けていきたいと思います

  

 

 


敬司

中年。簿記3級勉強中。親指シフト練習中。元介護職の社会福祉士です。現在も福祉の現場で働いています詳しいプロフィールはこちら